フィリピンペソ両替|マニラで一番高レートの換金所はオカダマニラ

フィリピンペソ両替_一番高レートの両替所_オカダマニラ_両替方法 海外知識/ノウハウ/知恵
ついに、当ブログ「南国リゾカジ大家さん」が、ブログ村の「40代サラリーマン」注目ブログにランキングされました!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかげさまで現在ランキング〇位!クリックして現在のランキングを確認してね。

海外投資

龍久
こんにちわ【「南国リゾカジ大家さん」】龍久です!
スゴイ事を発見してしまいました!

フィリピン・マニラに海外旅行した時、フィリピンペソに両替する必要がありますよね。

そこで、フィリピンのマニラ湾に建つ日系IRホテル「オカダマニラ」のカジノフロアが、フィリピン国内で一番交換レートが高く、オススメの両替所であることを発見!

なぜなら通常、電信売り相場TTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)に手数料を加えた現金売りレート(CASH SELLING)で換金するのですが、オカダマニラだけが導入している「マルチカレンシー機能」を利用するとTTM(仲値)で両替できるのです。

つまり、オカダマニラでは、

完全手数料0円のTTMレートで両替できる!

って事です。

例えばクレジットカードで両替手数料0円とかもありますが、コレはあくまで銀行手数料が含まれたTTSレートのことであり、このTTSレートに対して手数料0円と言っているにすぎません。

しかしオカダマニラだけに導入されているマルチカレンシー機能は、TTSとTTBの仲値である「TTMレートが実現」されているわけです。

このマルチカレンシー機能を使った両替方法を解説します。

スポンサーリンク

フィリピンペソ両替|オカダマニラのマルチカレンシー機能とは

フィリピンのマニラ湾に建つ日系IRホテル「オカダマニラ」の親会社、日本の「ユニバーサルエンターテインメント」のIR情報に下記の発表がありました。

2019年7月19日付

【表題】
カジノ関連機器による「Multi Currency System(マルチカレンシーシステム)」運用開始決定のお知らせ

【本文】
本システムは、ゲーミングマシンに複数国の紙幣を同時に受け入れ可能にするリアルタイム自動為替交換システムであり、カジノ業界初となる機能です。

1)海外の主要国紙幣に対応
フィリピンペソ/USドル/香港ドル/人民元/韓国ウォン/日本円/ユーロなど。

2)プレイ可能な通貨への自動両替機能
フィリピンペソ以外の紙幣は、ゲーミングマシンに挿入されると同時に設定された為替レートにてフィリピンペソへと自動両替されプレイが可能。

※ユニバーサルエンターテインメント公式サイトIR情報を一部抜粋引用
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6425/tdnet/1732800/00.pdf

OKADAMANILA・コーラルウイング

つまり、オカダマニラのカジノエリアにあるスロットマシンに、フィリピンペソ以外の紙幣を投入すると、自動的にフィリピンペソに両替されてクレジットインされる、という事です。

気になるのは「設定された為替レート」が良いのか、悪いのか。

さっそく現地に行って、マルチカレンシー機能を使って両替してみました!

フィリピンペソ両替|オカダマニラの両替レート

ところで、オカダマニラに行っても、マルチカレンシー機能の両替について何の宣伝も見つけることが出来ません。

本当に両替機能は使えるのか?

そんな不安を感じた時、サイネージにこんな広告画像を発見。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_サイネージ広告
Play Easy Pay Easy

どうやら現時点ではマルチカレンシーシステムでは、USドル・香港ドルのみ受け付けているとの事。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替方法
マジか!

スタッフに聞いた所、一般フロアにはマルチカレンシー両替機能を導入したばかりで、まだ日本円には対応していないらしい。

【一言アドバイス】
マルチカレンシーシステムは導入したばかりで、香港ドル・USドルのみの対応だったが、すぐに日本円にも対応する予定との事。
偶然、先月のマカオ旅行で「香港版iPhone11を爆買いして日本で転売」したときに余った香港ドルが、財布の中に眠っていたので、
マカオで香港版iPhone爆買い

香港版iPhoneを現地購入しよう!マカオのアップルストア体験談

この香港ドルを使って両替を試してみます。

スロットマシンに取りつけられている会員用のモニターにも、USドル・香港ドルのみの表記がありました。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替内容
ちなみに画面に書いてある「リワードサークルメンバー」と言うのは、オカダマニラの無料会員の事です。

という事で、香港ドルを両替してみましょう。

まずは、為替はレート確認の手順をお伝えしていきますね。

【STEP1】
スロットマシンに、カジノのメンバーシップカード(会員カード)を挿入。

【STEP2】
パスワードを入力してログイン。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替方法
オカダマニラの会員カードの取得方法は後記します。
【STEP3】
会員ログインすると、この画面になるので「OTHERS」をクリック。
フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替手順
【STEP4】
次の画面で「SERVICES」をクリック。
フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替方法
【STEP5】
最後に「MONEY EXCHANGE」をクリック。
フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替の内容チェック
やっぱり現時点では、USドル(USD)と香港ドル(HKD)のみに対応してますね。

んで、香港ドルのレートを確認してみると「6.5018」です。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替レート確認
ちなみに、銀行の公表値の為替レートもチェック。「6.49」です。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_銀行レート
オカダマニラ為替レートと、銀行公表値を比べて見ましょう。

為替レート差
【オカダマニラ両替レート】
HKD1=PHP6.5018

【銀行の両替レート】
HKD1=PHP6.49

つまり、銀行TTS(電信売り相場)よりも、オカダマニラの両替レートは良い

通常、銀行TTSよりも良い為替レートはありえません。なぜなら両替所のレートは、TTSに儲けである手数料を乗せた数値が換金レートなので、TTSよりも高レートになるはずがないのです。

ところで、

TTSとかTTMとか、訳わからん!

と混乱している方もいると思うので、両替の仕組みを簡単に図解しておきましょう。

フィリピンペソ両替|両替レートの見方(TTS/TTM/TTBとは)

銀行がフィリピンペソを売るときのレートをTTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)、フィリピンペソを買う時のレートをTTB(Telegraphic Transfer Buying Rate)といいます。

下の図は、分かり易いように「1万円を両替する時に僕らが貰えるフィリピンペソ」を書いてあります。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_TTBとTTSとTTMの説明
僕たち顧客の立場からすると、TTSが手持ちの日本円をフィリピンペソに交換する時のレート、TTBが余ったフィリピンペソを日本円に逆両替する時のレートです。

で、TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)はその中間、銀行が決めた為替レートの基準値です。

以上は銀行の話で、街の両替店はさらに手数料を上乗せするわけです。それが僕らがよく見る「BUYING(買値)」「SELLING(売値)」です。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_SELLINGとBAYINGの説明
なので、通常は銀行ですらTTSを上回る交換率を提示する事は出来ません。損しちゃいますからね。

なのに、オカダマニラのマルチカレンシー機能は、銀行TTSを上回る高レートを提示しているわけです。

なぜ、こんな事が起きるのか?

ココからは僕の推測になります。

【オカダマニラの両替レートがフィリピン国内で一番高い理由】

オカダマニラに設置されているカジノ機器は、フィリピンのPAGCOR(the Philippine Amusement and Gaming Corporation)の管轄下にある。

PAGCORとはフィリピンのカジノを規制する政府機関。カジノの売り上げは全て、スロットマシン1台1台がPAGCORの管理下に置かれ、納税する事になる。

しかし、フィリピンで外貨両替を行うには、フィリピン両替商の資格が必要になる。つまり両替はPAGCORの管轄外の業務である。

という事は、PAGCOR管理下のカジノ機器(スロットマシン・テーブル)では、PAGCOR管轄外の外貨両替による儲けを出す事が出来ない。つまり、カジノフロアのマシンで、両替手数料を取る事が出来ない。

よって、オカダマニラのスロットマシンで提示する為替レートは、売値と買値の中間値であるTTM(仲値)である必要があった。

オカダマニラの中にある両替ショップでは、SELLINGとBAYINGの価格が存在し、両替手数料で儲ける事が出来ます。

しかし、カジノフロアにあるスロットマシンの「マルチカレンシー両替機能」では、両替手数料で儲けることはPAGCORの規則で出来なかった、という事だと思います。

これは盲点でしたよね。

ではでは早速、スロットマシンで両替してみましょう。

フィリピンペソ両替|オカダマニラの両替手順

まず、スロットマシンで両替が行える「マルチカレンシー両替機能」を利用するためには、オカダマニラの会員「リワードサークルメンバー」になる必要があります。

【STEP1】
会員になるためには、パスポート等の身分証明IDを持って、リワードデスクに行きます。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_リワードサークル
5分もあれば、会員カードが完成します。もちろん無料です。

【STEP2】
スロットマシンのカード挿入口に会員カードを入れて、パスワードを入れてログインし、外国の紙幣(今回は500香港ドル)をスロットマシンに挿入します。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_外貨紙幣を投入
500香港ドルを受け付けた旨と、フィリピンペソへの交換後の金額が表示されます。

【STEP3】
最後に「ALWAYS YES」もしくは「ONCE YES」をクリック。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替レートをチェック
これで、スロットマシンのクレジットに両替金額が加算されます。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_マルチカレンシー機能
スロットマシンは、1ペソ=1クレジット、2ペソ=1クレジットなどゲーム単位でクレジット単価が違いますので、クレジット単価以下は切り捨て表示されています。

しかし、実際は表示されていない端数金額も全額カードの中には入金されているので安心してください。

これでフィリピンペソへの両替は完了していますので、キャッシュアウト(カードイジェクト)ボタンを押して、会員カードを抜き取ってください。

会員カードを取り出す事で両替したフィリピンペソは、スロットマシンのクレジットから会員カードの中に入金されます。

会員カードに入金されているフィリピンペソは、キャッシャーマシンで現金化できます。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_キャッシャーマシンで現金化
このマシンに会員カードを挿入すれば、現金を引き出すことができるわけです。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_キャッシュレス_OkadaPay
しかしキャッシャーマシンには1点、注意点があります。

【キャッシャーマシンの注意点】
キャッシャーマシンは5,000ペソ単位でしか現金化できない。
つまり、5,000ペソ・10,000ペソ・15,000ペソ・・・と、5,000ペソ単位でしか引き出せないんですね。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_両替の注意点
両替後は、ぴったり5,000ペソ単位になっているはずがないので、端数は「キャッシャー(CASHER)」で現金化できます。

フィリピンペソ両替_高レート_両替所_オカダマニラ_現金化

【一言アドバイス】
会員カード内のクレジットは、「キャッシャー(CASHER)」で全て現金化できる。
会員カードをキャッシャーに出せば、残額を1ペソ単位まで現金化してくれますよ。

ペソ両替をオカダマニラで行うメリット・デメリット

ここで、オカダマニラのマルチカレンシー機能で両替するメリット・デメリットをまとめます。

オカダマニラ両替のメリット
・フィリピン最高レート(TTM)で両替できる。
・偽札のリスクが無い。
・セキュリティの監視下のもと安全に現金化できる。
オカダマニラ両替のデメリット
・カジノフロアのため21歳以上しか両替できない。
・リワードサークルメンバーカード(会員カード)が必要。
・両替するまでの手順が多い。
・うっかりスロットを遊んでしまう可能性がある。
現時点では日本円に対応していませんでしたが、すぐに対応される予定との事です。楽しみですね!

ただし僕が考える、オカダマニラで「マルチカレンシーシステムを使った両替をする場合の注意点」があります。

マルチカレンシーシステムを利用したフィリピンペソ両替時の注意点

フィリピンのマニラ湾に建つ日系IRホテル「オカダマニラ」は、PAGCORの管理下の中でカジノ運営しているわけです。

そして、カジノ業界では世界的に「資金洗浄(マネーロンダリング)」に厳しい業界です。つまり、不正に入手された出所の判らない現金(賄賂・詐欺など)をカジノの掛け金として使われる事を極端に嫌います。

よってマネーロンダリング対策に力を入れています。

【マルチカレンシーシステムで両替するときの注意点】

マネーロンダリング対策として、両替の上限金額や回数制限が設定されている可能性がある。一度に大金を両替したり、何回も立て続けに両替する行為は避けた方が無難。

これはあくまで僕の想像による注意点なので、思い過ごしの可能性もありますが、念のため気に留めておきましょう。

資金洗浄(マネーロンダリング)だと判断された場合、お金の出所などを証明する必要があるかもしれません。

【お金の出所を聞かれた場合の対応策】

給料(サラリー:Salary)と答える。

100万円を超えるような現金を両替した場合は、日本を出国する時の申告書があるはずなので、その書類で証明すれば良いでしょう。

フィリピンペソ両替時の注意点

特にフィリピンに不慣れな旅行者に、両替時の注意点があります。

オカダマニラで両替した場合はセキュリティもいるので問題ないですが、街中で両替する場合の注意点です。

【両替後の注意点】

・お金はズボンの前のポケットに入れておく。

・カバンにお金を入れる場合は、体の前にカバンを抱えるように持つ。

・スマホなども前のポケットに入れておく。

日本人が両替所に入ったところは、意外と多くの人に見られています。その中には、スリ・強盗がスキを伺っているかもしれません。

体の後ろ側の目の届かない場所は、特に狙われやすいので気を付けてください。

気が付いたら後ろポケットのスマホが無かった、とか、カバンを切られて中身が無くなっていた、とか、良く聞きく話です。

スポンサーリンク

両替後は日系IRホテル「オカダマニラ」を楽しもう

せっかくフィリピンペソ両替でオカダマニラに来たのだから、オカダマニラを楽しんでみましょう。

という事で僕は、非日常を経験するためにオカダマニラに宿泊してみましたよ。

さすがオカダマニラ、日系の底力を感じる体験をさせて頂き、大満足です。

フィリピンの楽しみ方は人それぞれですが、たまには贅沢な非日常をオカダマニラで経験するのもオススメです。

ではでは、また次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
この記事を最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

もし、面白かった、とか、参考になった、とか少しでも感じて頂けたのなら、バナーをクリックしてブログランキング上位になるための応援して頂けないでしょうか?

アナタのクリックが僕の励みになります、また次の記事でお会いしましょう!

海外投資

南国リゾカジ大家さん・龍久LINE公式アカウント