サラリーマンにオススメの副収入や不労所得!不動産投資が有効な理由

脱サラと起業準備
ついに、当ブログ「南国リゾカジ大家さん」が、ブログ村の「40代サラリーマン」注目ブログにランキングされました!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

おかげさまで現在ランキング〇位!クリックして現在のランキングを確認してね。

海外投資

龍久
こんにちわ。龍久です。これから、不動産賃貸業がいかにサラリーマンの副業に向いているのか。僕の経験も踏まえて話していきます。
もしアナタが副業を探しているサラリーマンであれば、前回までのオススメの2つの副業体験記事があります。これを読んでおくと、今回の記事の内容が腑に落ちると思います。

副業オークションと副業FXの失敗体験で気付いた長期的視点の重要性

副業会社員が転売と輸入代行業で大失敗!おすすめ副業は資産構築型だ

この2つの記事の通り、20代後半から約8年間、色々な副業を試しましたが続きませんでした。そして、副業をストップしたら、副収入もたちまちストップしてしまいます。

この状況を打開するため模索した結果、サラリーマンの副業として「不動産投資」に行き着いた顛末を紹介します。

スポンサーリンク

サラリーマンの副業として労働収入型を選択すると続かない

上で紹介した2記事の中で、とくに輸入代行業は大変でした。何故ならば・・・

輸入代行業は忙しくてパンクした
・たくさんの梱包と出荷作業
・見積書を作成
・見積メール返信
・輸入の納期遅れの対応
・ホームページをアップデート
・予約者リスト更新
・ダイレクトメール送信
・在庫確認
・収支を計算
これらを、本業の帰宅後に行うわけです。月20万-30万円の利益になっていましたが、体も心も疲れ切って、引退しました。

それなりに稼いでいた副業を引退した理由は、もう一つあります。この期間、本業のサラリーマンではそれなりに昇進をしたからです。

つまり、本業が忙しくなって、副業する時間が無くなってしまったわけです。

しかし、昇進したと言っても、サラリーマンの給料はほとんど上がらない事が実証される事となりました。給料明細を開く楽しみは、もはやありません。

そこで過去の副業経験から、サラリーマンが副業を選ぶときに3つの条件を設定してみました。

副業を選ぶ3つの条件
・外注できる。
・参入障壁がある。
・在庫は持たない。
これを守りながら、副業を選んでいくとしたら、結果、2つの副業しか思い浮かびませんでした。僕の実体験の中で分かった、サラリーマンにオススメの副業2つについて説明していきます。

副業に再挑戦して第一歩目の着地点を不動産投資にしたワケ

「金持ち父さん貧乏父さん」という本が流行っていました。

読んだ人も多いと思います。資産を持つという考え方を、実体験を通して紹介している本です。

初めて読んだときに、軽い衝撃を覚えました。それを読むまでの私は、資産の本当の意味も解らなかったわけです。

副業として何をやってもうまくいかない原因は、資産構築の考えが抜けていたからだと気づきました。お金だけでなく、時間という概念がすっぽり抜けていたわけです。

不労所得で副収入を得ること、つまり働かなくても他力で副収入を得る生活を手に入れるには、「時間と共に育つ副業」という概念を持っていないと、不可能です。

だからこそ、サラリーマンにオススメの副業は「不動産投資」です、と言っているわけです。しかし、本を読んでいないサラリーマンには理解しずらい考え方なので、もう少し深掘りして説明していきます。

では、お金と時間の使い方を知り、副業で資産構築をしていく考え方を説明していきます。

※これらの本は、必ず読んでくださいね。この考え方を持ては、今後の人生が良い方向に変わるはずです。

副業を探す前にお金と時間の使い方を知ろう


お金と時間は、使い方によって3つの呼ばれ方をします。

お金と時間の3つの使い方
【浪費】
「今の欲求」に使うお金や時間。いわゆる無駄遣い

【消費】
「今の必要」に使うお金や時間。生活費など。

【投資】
「将来の資産」に使うお金や時間。お金がお金を産む状況。

ここで言う「時間」とは「自分の人生」の事です。

Time is Money.お金も時間も、同じ価値を持っているわけです。

サラリーマンという仕事は、人生という時間を、給料というお金に換えている立場を言います。この立場はとても不安定で、時間を会社に提供できなくなったら、収入も途絶えてしまいます。

サラリーマンと同じ、自分の時間をお金に変えるような副業を選ぶべきではありません。なぜなら、サラリーマンの1日は24時間と決まっているからです。

本業で時間を売っているサラリーマンが、副業でも時間を売ってお金に換えていたら、時間が残りません。要は、自由にはなれないし、不労所得で副収入を得る事は無理です。副業を辞めた時が、副収入も無くなる時になってしまい、サラリーマンと同じです。

ここで、時間を売るのではなく、時間を投資する、という考え方が必要になります。出来るだけ、将来の資産のために時間を使いましょう。

では「時間を投資する」とは、具体的にどういう事なのか、深掘りしていきましょう。

副業ではなく投資を行う感覚をもてば不労所得を作れる

副業に費やす時間とお金は、将来の自分の資産につながっていくべきです。

「今」お金が欲しいから、「今」出来る事をする。これでは、いつまでもお金持ちになれません

「将来」大きなお金が欲しいから、「今」から出来る事をする。これが副業で資産構築して不労所得を得られる成功の秘訣です。

要は、お金を手に入れるための副業ではなく、お金を増やすための副業、という投資による資産構築の概念を持つべきです。

ただし、副業投資で資産構築して、不労働収入を得るには、「本当の複利」を知っておかなければなりません。複利や投資の考え方を分かり易く、こちらの記事にまとめたので読んでみてください。

95%の会社員と主婦が知らない本当の資産構築「お金を増やす本質」

資産構築型の2つの副業


副業を選ぶ3つの条件を思い出してください。

副業を選ぶ3つの条件
外注できる。
参入障壁がある。
在庫は持たない。
これに、「お金と時間の投資」の要素を追加すると、2つしか思い浮かびませんでした。
条件に合う2つの副業
・インターネットビジネス
・不動産投資(賃貸業)
不動産投資インターネットビジネスについて、知らない人も多いと思いますので、簡単に説明します。

インターネットビジネス

インターネットビジネスは、資金を投資するよりは、時間を投資する資産構築型のオススメ副業です。僕がさしているのは、アフィリエイト、ブログ、メルマガを指しています。

「ウェブマーケティング」とか「リストマーケティング」とか言われるビジネスです。

資金が無くてもパソコンと少しのサーバー代、ドメイン代だけで始められるので、参入障壁は低いです。しかし、ホームページやブログを立上げ、集客していくまでに労力がかかるのが特徴で、この「時間を投資する」作業量が参入障壁となっています。

インターネットビジネスの流れ
ブログホームページ、メルマガ(オウンドメディア)の立上げ。
・集客をして見込み客としてメルマガに登録してもらいリスト化
メルマガで見込み客をファンに育てる。
・ファンに対してダイレクトマーケティング(販売)。
販売サイトで売上を狙う。
・もしくはリスト化しないで、ブログ等で直接アフィリエイトを行う。
・影響力を持ったインフルエンサーになり、集客する方法もある。
自分のサイト(オウンドメディア)を育て、リストの見込み客を育てていくので、時間がかかるわけです。

ただ、この儲けの仕組みが出来上がれば、少しのメンテナンスだけで収益が見込めるのです。

インターネットを使って集客のできるサイトは、資産です。また、集客から得られるリストも資産となります。インフルエンサーとして影響力を持てるようになれば、その信用力も資産です。

これらのインターネット上のオウンドメディアは、集客力が育つまで時間を投資すれば、あとは不労所得を生み出すので資産なわけです。

時間を投資するだけでなく、お金を投資すれば、コンテンツ制作はソーシャルワークなどで外注もできます。脱サラを実現した人も多いのが、インターネットビジネスです。

しかし、儲けのしくみが出来るまで1年以上かかる事も多いわけです。儲けが無い期間もコツコツ毎日作業を続ける必要があり、その期間に95%の人が脱落する、という話もよく聞く業界です。

しかし実はこれが、インターネットビジネスの参入障壁となっています。本気で副業に取り組むサラリーマンしか、勝ち残れない仕組みになっています。

不動産投資(賃貸業)

不動産と言っても、アパート、ワンルームマンション、駐車場、オフィス、戸建て、様々な投資スタイルがあります。

サラリーマンの場合、オススメするのは、まずは新築アパート1棟のオーナーになる事です。なぜ新築アパート1棟がサラリーマンにオススメなのかは、別の記事にまとめましたので、この記事の一番下にリンクを載せておきます。

ただ、どのような物件でも、基本的に物件オーナーになった後の内容は同じです。

不動産賃貸業の流れ
・入居者の募集、貸し出し、賃料を得る。
・退去者がいたらクリーニングを行い、募集を行う。
・定期的にメンテナンスと修繕を行い、物件の価値を維持。
・確定申告を行い納税する。
となるわけですが、全部を行う必要はありません

僕の場合、本業サラリーマンが多忙であるため外注しています。全部、不動産会社や管理会社が手配してくれるため、正しい判断をしてサインするのみです。

外注にすると、どこまで減るのか。

外注後の大家業
・毎月の入金金額を確認。
・確定申告用の資料(領収書)を税理士に提出。
・税務署から通知がきたら納税する。
以上だけです。

確定申告用の資料を整理するのは大変ですが、年に一度だけです。サラリーマンであれば誰でも出来る内容で、家賃収入というのは究極の不労働収入です。

これが、僕が「サラリーマンにオススメの副業は不動産投資」と言っている理由です。

サラリーマンにオススメの副業が不動産投資である1つの理由


不動産投資は「税金との戦い」と揶揄されることも多い投資です。税金の知識が得られるため、重税に苦しむサラリーマンにとって節税の知識が身につきます。

例えば減価償却の使い方や、自宅の光熱費の経費化の考え方、税理士とのお付き合いの中でスキルやテクニックが身に尽きます。

不動産投資は、購入時、売却時には時間を取られることがあるが、それ以外は基本的に外注してしまうので、サラリーマンの本業が忙しくても継続できるわけです。

もう一つ、不動産投資では「サラリーマンである事」が、とても重要で、有利に働く点があるのです。

それは、サラリーマンは、銀行でローンが組めるのです。コレは実はとても有利で恵まれた立場なのです。

実は、地主でもない限り、個人事業主が銀行からお金を借りる事はすごく難しいのです。ソフトバンクの孫さんですら、当初は銀行から1億円かりるのに苦労したことが本に書かれていましたが、サラリーマンはアパートローンで1億ぐらいは借りることが可能です。

サラリーマン以外は、ローンが組みづらい。これが参入障壁となっているのです。僕たちサラリーマンは、この立場を利用しない手はありません。

まずサラリーマンが始めるべき副業とは。それはインターネットビジネスでも良いのですが、サラリーマンの立場を最大限に生かせる不動産投資です。

スポンサーリンク

サラリーマンにオススメの副収入や不労所得!不動産投資が有効な理由まとめ

サラリーマンという立場を利用して、副業として不動産投資をはじめよう。条件はそろっていて、サラリーマンとして頑張っている方であれば誰でも出来るでしょう。

サラリーマンに有利な不動産投資
外注できる環境があり、本業の時間を圧迫しない。
・サラリーマンは銀行でローンを組めるため、参入障壁がある。
在庫という概念がない。
将来の資産となる。
不動産投資はこつこつと続ける事で、時間と共に複利で規模拡大します。

ローンを返さなければならないので、初めは小さな収益かもしれません。しかし、サラリーマン大家から専業大家になる人は非常に多いのです。これは、時間と共に、収益が加速していく事を証明しています。

ぜひ「お金と時間を投資する」という考えを持って、副業を選んでください。何かを判断する時に、「今」ではなく「将来」という視点を忘れないようすれば、アナタの選んだ副業は、将来、不労所得を生み出すはずです。

「将来の幸せ」のために「いま行動」していきましょう。

なぜサラリーマン投資家は副業の不動産投資で失敗して破算するのか?

このサイトでは投資や副業を扱っています。不動産投資に興味を持ったら、是非この記事も参考にしてください。

スポンサーリンク
この記事を最後まで読んで頂いて、本当に有難うございます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

もし、面白かった、とか、参考になった、とか少しでも感じて頂けたのなら、バナーをクリックしてブログランキング上位になるための応援して頂けないでしょうか?

アナタのクリックが僕の励みになります、また次の記事でお会いしましょう!

海外投資

南国リゾカジ大家さん・龍久LINE公式アカウント